Recent changes RSS feed

張文成

ちょうぶんせい(660?〜741?)

代の文人。日本では張文成で知られるが、文成はで、名は鷟(さく)。陸沢(河北省)の人。

旧唐書』149巻・『新唐書』161巻に伝がある。

それによると、679年に進士に及第し、他の試験にも首席で及第したことから「青銭学士」(青銅貨の穴にひもを通せるようにあたる)と呼ばれた。

また、その文章は、日本や朝鮮の使者が高額で買い求めるほどだったという。

著作に伝奇小説遊仙窟』、科挙試験の模範解答集『龍筋追鳳随判』、逸事の集成『朝野僉載』が伝わる。

rhizome/張文成.txt · 最終更新: 2014/03/18 03:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa