Recent changes RSS feed

参天台五台山記

さんてんだいこたいさんき

解説

平安時代後期に成立した、入成尋による日記。8巻からなるが、すべては伝わっていない。

成尋は64歳で商船に乗り、渡宋、天台山五台山を巡礼したが、皇帝神宗から帰国を許されず、宋元豊四年(1081)に七十一歳で客死した。

円仁の『入唐求法巡礼行記』と並び、当時の中国を知る一級資料である。

大日本仏教全書』卷115及び、『改訂史籍集覧』巻26所収。

参考サイト

rhizome/参天台五台山記.txt · 最終更新: 2014/04/19 02:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa