Recent changes RSS feed

兼好法師

けんこうほうし(1283ごろ〜1352前後)

俗名卜部兼好。吉田神社の神官の家系に生まれる。正和二年(1313)9月以前に出家し、「けんこう」と 音読みして法名とした。「吉田兼好」は後世の俗称で、そのように呼ばれた形跡はない。

徒然草の作者として有名だが、二条派の歌人としても知られ、二条為世に師事し、和歌四天王の一人に数えられる。

私家集に『兼好法師家集』があり、続千載和歌集以下、いくつかの勅撰和歌集に入集している。

【参考文献】

人物叢書『卜部兼好』(冨倉徳次郎著・吉川弘文館)

【電子テキスト】

rhizome/兼好法師.txt · 最終更新: 2014/04/19 01:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa