Recent changes RSS feed

仮名草子

かなぞうし

定義

近世初期の主に仮名で記された文学作品の総称。

武士・僧侶など知識のある階級に向けて出版された漢文で書かれたものや、和歌連歌俳諧などに対し、女性や子供も含めた幅広い階層に向けて書かれた作品を指す。そのため、啓蒙的・教訓的な内容のものが多い。

内容は小説を主とし、説話集随筆を含む。いずれにしても短編で、長編はないのが特徴である。

その後、仮名草子から井原西鶴らによる浮世草子へと発展していく。

仮名草子の作者と代表作

rhizome/仮名草子.txt · 最終更新: 2014/04/07 14:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa