Recent changes RSS feed

連歌

れんが

概要

詩歌の形態の一つ。一般的には和歌には含めない。

中世連歌師の間では、『日本書紀』(25、26番)にある、日本武尊と火ともし人との片歌の唱和「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」「&ruby(日々,かが)並べて 夜には九夜 日には十日を」を連歌の起源とし、「筑波の道」とも言われたが、短歌による連歌形式の最も古い例は『万葉集』巻八()の、尼と大伴家持の唱和である。

これを短連歌といい、『金葉和歌集』には「連歌」の部があり、『俊頼髄脳』には最初の連歌論が説かれる。

院政期ごろ、長句・短句・長句・・・と続ける長連歌が生まれ、鎌倉時代以降、百句からなる百韻が基本形式となり、賦物が設けられ、式目が制定された。

数人で詠むのが普通だが、一人で詠む独吟、二人の両吟、三人の三吟もある。

作品

連歌集

連歌論

rhizome/連歌.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa