ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-12

篁物語

1-12 その日の夜さり火をほのかにかきあげて泣き臥せり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

その日の夜さり、火をほのかにかきあげて泣き臥せり。後(あと)の方そそめきけり。火を消ちて見れば、添ひ臥す心地しけり。死にし妹(いもうと)の声にて、よろづの悲しきことを言ひて、泣く声も言ふことも、ただそれなれば、もろともに語らひて、泣く泣くさぐれば、手にも触らず、手にだに当たらず。懐(ふところ)にかき入れて、わが身のならんやうも知らず1)、臥さまほしきこと限りなし。

  泣きながす涙の上にありしにもさらぬ泡ぬ浮かべる2)

女、返し、

  つねに寄るしばしばかりは泡なればつひにとげなんことぞ悲しき

といふほどに、夜明けにければなし3)

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

かひなしその日のよさり火をほのかに
かきあけてなきふせりあとの/s19r
かたそそめきけり火をけちてみ
れはそひふす心地しけりしにし
いもうとのこゑにてよろつのかなしき
事をいひてなくこゑもいふことも
たたそれなれはもろともにかたら
ひてなくなくさくれはてにもさはらす
てにたにあたらすふところにかき
入て我身のならんやうもふさま
ほしき事かきりなし
 なきなかす涙の上にありしにも/s19l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/19

 さらぬあはぬうかへる(本)
女返し
 つねによるしはしはかりはあはなれは
 つゐにとけなんことそかなしき
といふほとに夜あけにけれはなく/s20r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/20

1)
底本「知らず」なし。諸本により訂正。
2)
底本「本」と注記。
3)
「なし」は底本「なく」。諸本により訂正。


text/takamura/s_takamura1-12.txt · 最終更新: 2022/08/29 02:11 by Satoshi Nakagawa