ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-11

篁物語

1-11 夜明けにければ曹司に帰りて・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

夜明けにければ、曹司(ざうし)に帰りて、この女食ひつべきやうに、物を返りて持て行かんとするに、心まどひして、足もえ踏み立てず。もの覚えざりければ、睦まじう使ふ雑色(ざふしき)を使にて、「ただ今、心地悪しうてえ参り来ず。そのほどこれすき給へ。ためらひて参らん」。

女、穴のもとにて待つに、かく言ひたれば、

  誰(た)がためと思ふ命のあらばこそ消(け)ねぬべき身をも惜しみとどめめ1)

とり入れず。返りて、「かくなん」と言ひければ、かしこうして、またまた行きて見れば、三・四日ものも食はで、ものを思ひければ、いと口惜しう息もせず。「いかがおはします」と言ひければ、

  消え果てて身こそはるかになり果てめ夢の魂君にあひ添へ

返し、

  魂は身をもかすめずほのかにて君まじりなば何にかはせん

とて、よろづのことを言ひて泣けども、いらへせすなりにければ、「死ぬ」とて泣き騒げば、声を聞きて、解き開けて見れば、絶え入る気色を見て、惑ひ出でて、ほかの家にいにけり。親出でて後(のち)に、出でゐて、入りて見れば、死にて臥せり。泣き呼べどかひなし。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

といひてなきあへりけりよあけに/s17l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/17

けれはさうしに帰りてこのをんな
くひつへきやうに物を返てもて
いかんとするに心まとひしてあしも
ゑふみたてすものおほへさりけれは
むつましうつかふさうしきを
つかひにてたたいま心地あしうて
ゑまいりこすそのほとこれすきた
まへためらひてまいらん女あなの
もとにてまつにかくいひたれは
 誰ためとおもふ命のあらはこそ/s18r

  けねぬへき身をもおしめととめめ

とり入す返てかくなんといひけれは
かしかうしてまたまた行てみれは
三四日物もくはて物をおもひけれ
はいとくちおしういきもせすいかか
おはしますといひけれは
 消はてて身こそはるかになりはてめ
 ゆめのたましゐ君にあひそへ
返し
 玉しゐは身をもかすめすほのかにて/s18l
 君ましりなはなににかはせん
とてよろつの事をいひてなけとも
いらへせすなりにけれはしぬとてなき
さはけはこゑをききてときあけ
てみれはたえいるけしきをみて
まとひいててほかの家にゐにけり
おやいててのちにいてゐていりて
みれはしにてふせりなきよへと
かひなしその日のよさり火をほのかに/s19r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/19

1)
「惜しみとどめめ」は底本「おしめととめめ」。諸本により訂正。


text/takamura/s_takamura1-11.txt · 最終更新: 2022/08/29 02:00 by Satoshi Nakagawa