ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-10

篁物語

1-10 かかることを母おとど聞き給ひて・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

かかることを母おとど聞き給ひて、ものものたまはで、うかがひ給ひて、向かひ給ひたりけるを、手を取りて引きもて行きて、部屋にこめてけり。これを父ぬし聞き給ひて、のどかなりける人なりければ、「男(をのこ)も賢き者にて、女幼なき者にあらず。さしたるやうあらん。なほ許し給ひてのたまへ」とありければ、「おのが身を思ふとてのたまふに」とて、いよいよ鍵の穴に土塗りて、「大学のぬしをば、家の中にな入れそ」とて追ひければ、曹司(ざうし)にこもりゐて泣きけり。

妹(いもうと)のこもりたる所に行きて見れば、壁の穴のいささかありけるをくじりて、「ここもとに寄り給へ」と呼び寄せて、物語して、泣きをりて、出でなまほしく思へども、またいと若うて、ねたりたへき人1)もなく、わびければ、ともかくもえせで、いといみじく思ひて語らひをるほどに、夜明けぬべし。

男、

  数ならばかからましやは世の中にいと悲しきはしづのをだまき

返し、

  いささめにつけし思ひの煙(けぶり)こそ身をうき雲となりて果てけれ

と言ひて、泣きあへりけり。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

かかることをははおととききたまひ
て物もの給はてうかかひ給て
むかひたまひたりけるをてをとり
てひきもていきてへやにこめて
けりこれをちちぬしききたまひて
のとかなりける人なりけれはおのこ
もかしこき物にて女おさなき物に
あらすさしたるやうあらんなを
ゆるしたまひての給へとありけれは/s16l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/16

おのか身を思ふとての給にとて
いよいよかきのあなにつちぬりてたい
かくのぬしをは家の中にな入そ
とておいけれはさうしにこもり
ゐてなきけりいもうとのこも
りたる所にいきてみれはかへの
あなのいささかありけるをくし
りてここもとにより給へとよひ
よせて物かたりしてなきおり
ていてなまほしく思へともまたいと/s17r
わかうてねたりたへき人も
なくわひけれはともかくもゑせて
いといみしくおもひてかたらひ
をる程に夜あけぬへしおとこ
 かすならはかからましやは世中に
 いとかなしきはしつのをたまき
かへし
 いささめにつけしおもひのけふりこそ
 身をうき雲となりてはてけれ
といひてなきあへりけりよあけに/s17l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/17

1)
語義不詳


text/takamura/s_takamura1-10.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:55 by Satoshi Nakagawa