ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-09

篁物語

1-9 かく夢のごとある人は孕みにけり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

かく夢のごとある人は、孕みにけり。書(ふみ)読む心地もなし。「例のさはりせず」など、うたてある気色を見て、この兄(せうと)も「いとほし」とおしみて、人々、春のことにやありけん、物も食はで、花柑子(はなかうじ)・橘(たちばな)をなん願ひける。知らぬほどは、親求めて食はす。兄、大学のあるじするに、「みな取らまほし」と思ひけれど、二・三ばかり畳紙(たたうがみ)に入れて取らす。

  「あだに散る花橘の匂ひには緑のきぬの香(か)こそまさらめ

これを聞こしめすなればなん」。

返事に、「御懐(ふところ)にありければなん、

  似たりとや花橘をかぎつれば緑の香(か)さへ移らざりけり」

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

かくゆめの事ある人ははらみにけり
ふみよむ心地もなしれいのさはりせ
すなとうたてあるけしきをみて
このせうともいとをしとをしみて
人々はるの事にやありけん物
もくはてはなかうしたちはなを/s15l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/15

なんねかひけるしらぬほとはおやも
とめてくはすせうとたいかくのあ
るしするにみなとらまほしと
おもひけれと二三はかりたたうかみ
に入てとらす
 あたにちる花橘のにほひには
 みとりのきぬのかこそまさらめ
これをきこしめすなれはなん返事
に御ふところにありけれはなん
 にたりとや花たちはなをかきつれは/s16r
 みとりのかさへうつらさりけり/s16l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/16



text/takamura/s_takamura1-09.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:50 by Satoshi Nakagawa