ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-08

篁物語

1-8 されどいかでか入りけむこの妹の寝たる所へ入りにけり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

されど、いかでか入りけむ、この妹(いもうと)の寝たる所へ入りにけり。いと忍びて、まだ夜深く出でにけり。たまさかに入りは入りたりけれど、逢ふことはかたかりけり。常に向かひにければ、夜は逢はず。なかなかに心は空(そら)にて、「いかにせむ」と思ひ歎きて、

  うちとけぬものゆゑ夢を見て覚めて1)飽かぬもの思ふころにもあるかな

返し、

  いを寝ずば夢にも見えじを逢ふことの歎く歎くもあかし果てしを

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

ひさしくもかたらはすありされ
といかてかいりけむこのいもうとの
ねたる所へ入にけりいとしのひて
また夜ふかくいてにけりたまさかに
いりは入たりけれとあふことはかた
かりけりつねにむかひにけれは
よるはあはす中々に心はそらにて
いかにせむと思なけきて
 うちとけぬ物ゆへゆめをみてあかぬ/s15r
 ものおもふころにもあるかな
返し
 ゐをねすは夢にもみえしをあふことの
 なけくなけくもあかしはてしを/s15l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/15

1)
底本「覚めて」なし。諸本により補う。


text/takamura/s_takamura1-08.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:46 by Satoshi Nakagawa