ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-07

篁物語

1-7 例の書読みて内侍になさんの心ありて親は書を教ふるなりけり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

例の書(ふみ)読みて、「内侍(ないし)になさん」の心ありて、親は書を教ふるなりけり。文(ふみ)通はしにはしらたれど、この兄(せうと)、心を惑はして思ひ出でられけり。男言ふやう、「かく思ひ出でられ、限りなき心を思ひ1)知らずして、よそなる人を思ひ給へるこそつらけれ。

  目に近く見るかひもなく思へども心をほかにやらばつらしな」

と言ひければ、「人の御心も知らずや。

  あはれとは君ばかりをぞ思ふらむやるかたもなき心とを知れ

おもくの2)なや」と言ひければ、少し心ゆきて、

  いとどしく君の歎きのこがるればあらぬ思ひも燃えまさりけり

かく言ひて、心は通ひけれど、親にもつつみ、人にもさはりければ、心解けて久しくも語らはずあり。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

けりれいのふみよみてないしに
なさんの心ありておやはふみをを
しふるなりけりふみかよはしには
しらたれとこのせうと心をまと
はしておもひいてられけりおとこ
いふやうかくおもひいてられかきり
なき心をしひしらすしてよそなる
人をおもひたまへるこそつらけれ/s14r
めにちかく見るかひもなくおもへとも
心をほかにやらはつらしなといひ
けれは人の御心もしらすや
 あはれとは君はかりをそおもふらむ
 やるかたもなき心とをしれ
おもくの(不審)なやといひけれはすこし
心ゆきて
 いととしく君のなけきのこかるれは
 あらぬおもひももへまさりけり
かくいひて心はかよひけれとおやにも/s14l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/14

つつみ人にもさはりけれは心とけて
ひさしくもかたらはすありされ/s15r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/15

1)
「思ひ」は底本「しひ」。諸本により訂正。
2)
底本「不審」と傍書。


text/takamura/s_takamura1-07.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:40 by Satoshi Nakagawa