ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-04

篁物語

1-4 さてこの女願ありて如月の初午に稲荷に参りけり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

さてこの女、願(ぐわん)ありて、如月の初午(はつむま)に、稲荷1)に参りけり。供に人多くもあらで、大人二人、童(わらは)二人ありける。大人は色々の袿(うちぎ)、二人は同じをなん着たりける。君は綾(あや)の掻練(かいねり)の単襲(ひとへがさね)、唐(から)の羅(うすもの)の桜色の細長(ほそなが)着て、花染(はなぞめ)の綾の細長おりてぞ着たりける。髪はうるはしくて、たけに一尺ばかり余りて、頭(かしら)つきいと清げなり。顔もあやしう世人(よひと)には似ずめでたうなんありける。男(を)の童三・四人、さてはこの兄(せうと)ぞありける。まほにはあらねど、先立ち遅れて来ける詣でざまに、困じにけれは、兄いとほしがりて、「篁にかかり給へ」とて寄りければ、「いで、いないな」と言ひて、道中にいにけり。

さる程に、兵衛佐がりの人、かたち清げにて、年二十ばかりなりけるが詣で合ひて、かへさに、女のみちにゐたる、「あな苦し。かくてやは出で立ち給へる」。もの妬みして男申すに、「かもは車作りて、乗せ奉りて、このわたりなるきさきの峰にすゑ奉らむ。女の事にはたいわう、さかとには誰をか」と2)言ふほどに、暮れにければ、破子(わりご)探して食はせんとするに、この佐(すけ)をやり過ぐす。この男、休むやうにて下りて、

  人知れず心ただすの神ならば思ふ心を空に知らなん

返し、

 社(やしろ)にもまだ巫覡(きね)すゑず石神(いしがみ)は知ることかたし人の心を

またもおこせけれど、この兄(せうと)、急がして車に乗せて率(ゐ)ていぬ。

この佐、人をつけて、「いづくにか率ていぬる」と見せければ、その家と見てけり。

朝(あした)に文(ふみ)あり。神の教へ給へしかばなん、さして奉る。かの石神の御もとにて、今日あらば」、文を取り入れて見れば、この兄(せうと)出で走りて、「父ぬし聞き給ふに。いともの騒がしく。この童(わらは)はいづくから来たるぞ。いづれの好き者の使ぞ」と言ひければ、「御文は奉らせつれど、昨日いませしぬしの、『いづれの使ぞ』との給ふを、内からは翁びたる声にて、『何事ぞ』などのたまひつれば、わづらはしさになん詣で来ぬる」と言ひければ、「たうめの童」と言ひて、またの朝(あした)に、「昨日の御返し、たびたびいとおぼつかなし。この童の、あとはかなくて詣で来にしかば、

  あとはかもなくやなりにし浜千鳥おぼつかなみに騒ぐ心か

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

つねにつくり返けるさてこの女願
ありてきさらきのはつむまに
いなりにまいりけりともに人お
ほくもあらておとな二人わらは
二人ありけるおとなは色々の
うちきふたりはおなしをなん
きたりける君はあやのかひねりの/s8l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/8

ひとへかさねからのうすもののさ
くら色のほそなかきてはなそめの
あやのほそなかおりてそきたりける
かみはうるはしくてたけに一尺は
かりあまりてかしらつきいときよけな
りかほもあやしうよ人にはにすめ
てたうなんありけるをのわらは
三四人さてはこのせうとそあり
けるまほにはあらねとさきたち
をくれてきけるまうてさまにこう/s9r
しにけれはせうといとおしかりて
たかむらにかかり給へとてよりけ
れはいていないなといひて道中に
ゐにけりさる程に兵衛佐かりの
人かたちきよけにてとし廿はかり
なりけるかまうてあひてかへさに
女のみちにゐたるあなくるし
かくてやはいてたち給へる物ねた
みしておとこ申にかもは車つくり
てのせたてまつりてこのわたり/s9l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/9

なるきさきのみねにすゑたてま
つらむ女の事にはたいわうさかと
にはたれをかと     いふほと
にくれにけれはわりこさかしてく
わせんとするにこのすけをやりす
くすこの男やすむやうにておりて
 人しれす心たたすの神ならは
 おもふ心を空にしらなん
かへし
 やしろにもまたきねすへすいしかみは/s10r
 しることかたし人のこころを
又もおこせけれとこのせうといそか
して車にのせてゐていぬこの
すけ人をつけていつくにかいてゐ
ぬると見せけれはその家とみて
けりあしたにふみあり神のをしへ
たまへしかはなんさしてたて
まつるかのいしかみの御もとにてけふ
あらはふみをとり入てみれはこの
せうといてはしりてちちぬし/s10l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/10

ききたまふにいと物さはかしくこの
わらははいつくからきたるそい
つれのすき物の使そといひけれ
は御ふみはたてまつらせつれと
昨日いませしぬしのいつれの使
そとの給をうちからはおきなひた
るこゑにてなに事そなとの給つ
れはわつらはしさになんまうて
きぬるといひけれはとうめのわらは
といひて又のあしたに昨日の御かへし/s11r
たひたひいとおほつかなしこのわらは
のあとはかなくてまうてきに
しかは
 あとはかもなくやなりにしはま千鳥
 おほつかなみにさはくこころか/s11l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/11

1)
伏見稲荷大社
2)
底本「と」と次の「いふほど」の間に数文字空白。このあたり文意がよく分からない。


text/takamura/s_takamura1-04.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:21 by Satoshi Nakagawa