ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-05

篁物語

1-5 この兄大学に出でにけり・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

この兄(せうと)大学に出でにけり。樋洗童(ひすましわらは)取り入れて奉る。「文をも取り、大学のぬしもぞ見付くる。近からん人の家にすゑよ」とて、「昨日も見しかど、いさや。

  玉桙(たまぼこ)の道かひなりし君なればあとはかもなくなると知らずや」

見て、「ざれたるべき人かな。うたて、まがまがしうも言ひたるかな。いかにいはまし」と思ふ。時の大納言の子なりけり。「あとはかもなしと、誰も道にこそ入り給へりしか。

 しばしばに1)あとは悲しといふことも同じ道にはまたも会ひなん」

また、これを例の童は持て来たり。兄(せうと)、道にさし合ひて、「今これより」と言ひて破(や)りてけり。「かく」なんど言へば、「例の心肝(こころきも)もなき童かな。さきに気色悪しう言ひけん人にや取らすべき。この稲荷にて、まなこゐものしげに思へりしものぞや」。

「男よりの物ぞや。そもそも御返りとりて破りつ。御返り、憎しと思ふもののやに」。兄(せうと)出で合ひて、「御文奉り給ふ人は、夜べ男に盗まれ給ひにしかば、求めに行くぞ。もしこの御文給へる人とも知らず。うち率てゆけ2)」と言ひければ、しりへ答へに答へて走りにけり。「さもあらむ」と言ひて、文もやらずなりにけり。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

このせうとたいかくにいてにけり

ひすましわらはとり入てたてま
つるふみをもとりたいかくのぬし
もそ見つくるちかからん人の家に
すへよとて昨日もみしかといさや/s11l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/11

 玉桙のみちかひなりし君なれは
 あとはかもなくなるとしらすや
みてされたるへき人かなうたて
まかまかしうもいひたるかないかに
いはましとおもふ時の大納言の子
なりけりあとはかもなしとたれも
みちにこそいりたまへりしか
 しはすこにあとはかなしといふ事も
 おなし道には又もあひなん
またこれをれいのわらはもてきたり/s12r
せうとみちにさしあひていまこれ
よりといひてやりてけりかくなん
といへはれいの心きももなきわらは
かなさきにけしきあしういひけん
人にやとらすへきこのいなりにて
まなこひものしけに思へりし
物そやおとこよりの物そやそもそも
御返とりてやりつ御返にくしと
おもふ物のやにせうといてあひて
御ふみたてまつり給人は夜へ/s12l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/12

おとこにぬすまれたまひにしかは
もとめにゆくそもしこの御ふみたま
へる人ともしらすそ□ちいてゆけ
といひけれはしりへこたへにこた
へてはしりにけりさもあらむ
といひてふみもやらすなりに
けり女せうとのはかりたるとは/s13r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/13

1)
「しばしばに」は底本「しはすこに」。諸本により訂正。
2)
「うち率てゆけ」は底本「そ□ちいてゆけ」。□は虫損。諸本により訂正。


text/takamura/s_takamura1-05.txt · 最終更新: 2022/08/29 01:25 by Satoshi Nakagawa