ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-03

篁物語

1-3 さて朝に久しう書読ませざりければ・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

さて、朝(あした)に久しう書(ふみ)読ませざりければ、父ぬし、「あやしう、篁が見えぬかな」と言ひて、呼びにやるに、おどろきて、例の書かき集めて教へけるままになむ、この女のみ心に入りて、僻事(ひがごと)をのみなむしける。かう教ふる中に、角筆(かうひち)して、「かやうのものの書は、僻事つかまつるらむ。このごろはもの覚えずや。

  君をのみ思ふ心は忘られず契りしこともまどふ心か」

返し、

  博士とはいかが頼まむさとられずもの忘れする人の心を

また男、

  読み聞きてよろづの書は忘るとも君一人をば思ひもたらん

かくて、この男はてふくみ1)をぞ常に作り返しける。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

うそふきありきけりさてあし
たにひさしうふみよませさりけ
れはちちぬしあやしうたかむらかみえ
ぬかなといひてよひにやるにおとろ
きてれいのふみかきあつめてお
しへけるままになむこの女のみ/s7l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/7

心に入てひか事をのみなむしける
かうおしふる中にかうひちして
かやうの物のふみはひかことつか
まつるらむこのころはものおほへ
すや
 君をのみおもふ心はわすられす
 ちきりしこともまとふ心か
かへし
 はかせとはいかかたのまむさとられす
ものわすれする人のこころを/s8r
又おとこ
 よみききてよろつのふみはわするとも
 きみひとりをはおもひもたらん
かくてこのおとこはてふくみをそ
つねにつくり返けるさてこの女願/s8l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/8

1)
語義不詳。


text/takamura/s_takamura1-03.txt · 最終更新: 2022/08/28 22:17 by Satoshi Nakagawa