ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-02

篁物語

1-2 師走の十五日ごろ月いと明かきに物語しけるを人見て・・・

校訂本文

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

師走の十五日(もち)ごろ、月いと明かきに、物語しけるを人見て、「誰(たれ)ぞ。あなすさまじ。師走の月夜ともあるか」なんど言ひければ、

  春を待つ冬の限りと思ふにはかの月霜ぞあはれなりける

返し、

 年を経て思ひもあかじこの月はみそかの人やあはれと思はん

かく言ふほどに、夜更けにければ、「人うたて見むもの」とて入りにけり。男は曹司(ざうし)にとみにも入らで、うそぶきありきけり。

<<PREV 『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

いとけふとくなかりけりしはすの
もちころ月いとあかきに物かたり
しけるを人みてたれそあなす
さまししはすの月夜ともあるか
なんといひけれは
 春をまつ冬のかきりとおもふには
 かの月霜そあはれなりける
返し
 としをへておもひもあかしこの月は/s7r
 みそかの人やあはれとおもはん
かくいふ程に夜ふけにけれは
人うたてみむ物とて入にけり
おとこはさうしにとみにもいらて
うそふきありきけりさてあし/s7l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/7



text/takamura/s_takamura1-02.txt · 最終更新: 2022/08/28 21:30 by Satoshi Nakagawa