ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:takamura:s_takamura1-01

篁物語

1-1 親のいとよくかしづきける人の女ありけり・・・

校訂本文

『篁物語』TOP NEXT>>

親のいとよくかしづきける人の女(むすめ)ありけり。女のする才(さい)の限りし尽して、「今は書(ふみ)読ません」とて、「博士(はかせ)には、むつまじからむ1)人をせん」とて、異腹(ことはら)の子の2)大学の衆(しう)にてありけり。異腹なればうとくて、「あひ見ず」などありけれど、「知らぬ人よりは」とて、簾(すだれ)ごしに几帳立ててぞ読ませける。

この男、いとをかしきさまを見て、少し馴れゆくままに、顔を見え、物語などもして、書(ふみ)のちり3)いふ物を取らせたりけるを、見れば、角筆(かうひち)して歌をなん書きたりける。

  中にゆく吉野の川はあせななん妹背の山を越えて見るべく

とありければ、「かかりける」と心づかひしけれど、「情けなくやは」とて、

  妹背山影だに見えでやみぬへし吉野の川は濁れとぞ思ふ

また男、

  濁る瀬はしばしばかりぞ水しあらば澄みなむとこそ頼み渡らめ

女、

  淵瀬(ふちせ)をばいかに知りてか渡らむと心をさきに人の言ふらん

男、

  身のならむ淵瀬も知らず妹背川おり立ちぬべき心地のみして

かく言ふほどに、人憎からぬ世なれば、いとけうとくなかりけり。

『篁物語』TOP NEXT>>

翻刻

おやのいとよくかしつきける人の
むすめありけり女のするさいのかきり
しつくしていまはふみよませんとて
はかせにはむつかしからむ人をせんと
てことはらの子(こ)のかみたいかくのしう(ふ)
にてありけりことはらなれはうとく
てあひみすなとありけれとしら
ぬ人よりはとてすたれこしに
木丁たててそよませけるこの
おとこいとおかしきさまをみて/s5l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/5

すこしなれゆくままにかほをみえ
ものかたりなともしてふみのちり
(本ニカク)いふ物をとらせたりけるを
みれはかうひちして哥をなん
かきたりける
 中にゆくよしのの河はあせななん
 いもせの山をこえてみるへく
とありけれはかかりけると心つかひ
しけれとなさけなくやはとて
 いもせ山かけたにみえてやみぬへし/s6r
 よしののかははにこれとそおもふ
又おとこ
 にこるせはしはしはかりそみつしあらは
 すみなむとこそたのみわたらめ
女
 ふちせをはいかにしりてかわたらむと
 こころをさきに人のいふらん
おとこ
 身のならむふち瀬もしらすいもせ河
 おりたちぬへきここちのみして/s6l

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/6

かくいふ程に人にくからぬよなれは
いとけふとくなかりけりしはすの/s7r

https://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100002868/viewer/7

1)
「むつまじからむ」は底本「むつかしからむ」。諸本により訂正。
2)
底本「「子の」に「かみ」と続く。衍文とみて削除した。
3)
底本「本ニカク」と注記。


text/takamura/s_takamura1-01.txt · 最終更新: 2022/08/28 18:44 by Satoshi Nakagawa