ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho7-028

醒睡笑 巻7 いひ損ひはなほらぬ

9 禁中に御能あり狸の腹鼓と狂言にする・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

禁中に御能あり。「狸の腹鼓1)」と狂言にする。狸が出でけるを、狩人(かりびと)、「なんぢ、何物ぞ」。「われは狸の王なり」と言ふ。「何と、狸の王ぢや。王ならば射殺いてくれうず」と。

あやまつて、一字けがす。恐れても言ひ直さんやうなし2)

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 禁中に御能(のふ)あり狸(たぬき)の腹鼓(はらつつみ)と狂言(けうけん)にする
  狸か出けるを狩人(かりひと)なんぢなに物ぞ我れ
  は狸の王なりといふなにと狸の王ちや
  王ならは射ころいてくれふすと
   あやまつて一字けがす恐れてもいひなをさんやうなし/n7-17r
1)
狸腹鼓
2)
底本この文数文字下げで小書き。


text/sesuisho/n_sesuisho7-028.txt · 最終更新: 2022/06/25 12:51 by Satoshi Nakagawa