ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho7-020

醒睡笑 巻7 いひ損ひはなほらぬ

1 松永霜台和州信貴の城におはせし時は菓子をすゑて出だすに・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

松永霜台(そうだい)1)、和州2)信貴の城におはせし時は、菓子をすゑて出だすに、染付にても南蛮物にてもあれ、「一廉(ひとかど)の鉢なければ、座敷の興少なし」と、もてはやすことあり。

名ある侍のもとに霜台を請用し、珍しき鉢を出だせり。大いに感じ讃められけるなかば、相伴の人、「今日の振舞ひは、ただ亭主の鉢びらきにて候ふ」と申しけるを、「何とやらん、言葉の縁悪しし」と言ふに、肝をつぶし、「されば、これの鉢をおひらきあるで候ふ」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

   いひ損はなをなぬ
一 松永霜臺(そうたい)和州信貴の城におはせし時は
  菓子をすへて出すに染付にても南蛮(なんばん)物
  にてもあれ一廉(かと)の鉢なければ座敷の興(けう)す
  くなしともてはやす事あり名ある侍
  のもとに霜臺を請用し珍敷鉢を出せり
  大に感(かん)しほめられけるなかば相伴の人今
  日の振舞はたた亭主の鉢ひらきにて候
  と申けるをなにとやらん言葉(ことば)のえんあし/n7-13l
  しといふに肝をつふしされはこれの鉢をお
  ひらきあるて候と/n7-14r
1)
松永久秀
2)
大和国


text/sesuisho/n_sesuisho7-020.txt · 最終更新: 2022/06/21 11:57 by Satoshi Nakagawa