ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho7-015

醒睡笑 巻7 思の色を外にいふ

15 天台禅宗時衆僧三人座を同じいざ大きなる歌詠うて遊ばん ・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

天台1)・禅宗・時衆2)、僧三人、座を同じ、「いざ、大きなる歌詠うて遊ばん」。「もつともなり」。「しかあらば、時衆は歌道に心がけの家なり3)。まづ詠み給へ」と言はれ、

  唐土より日本にひよつと踊り出て須弥のあたりを遊行する人

また、天台沙門、

 須弥山に腰うちかけて大空を笠に着たれど耳も隠れず

禅宗、

 押し回し虚空をぐつと飲みこめど須弥の中骨(なかぼね)喉にさはらず

天台のいはく、「なんぢが在所、いづくなれば虚空をば飲むぞ」。時に禅、「誰(た)そ誰そ、腹の中にてもの言ふふは」。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 天台(てんたい)禅宗(せんしう)時衆僧三人座を同しいざ大な
  る哥ようてあそはん尤也然(しか)あらは時衆は
  哥道に心かけの家へまつよみ給へといはれ
   唐土より日本にひよつと踊(をどり)てて
    須弥(しゆみ)のあたりを遊行(ゆぎやう)する人/n7-10l
     又天台沙門
   須弥山(しゆみせん)に腰(こし)うちかけて大空(ぞら)を
    笠(かさ)にきたれと耳もかくれす
     禅宗
   をしまわし虚空(こくう)をくつとのみこめど
    須弥の中骨(なかほね)喉にさはらず
  天台の云汝が在所何くなれは虚空(こくう)をは
  のむぞ時に禅たそたそ腹の中にて物云(いふ)は/n7-11r
1)
天台宗
2)
時宗
3)
「なり」は底本「へ」。諸本により訂正。


text/sesuisho/n_sesuisho7-015.txt · 最終更新: 2022/06/18 15:31 by Satoshi Nakagawa