Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第3話 国王為盗人被盗夜光玉語 第三

今昔、天竺に一の国有り。其の国の国王、世に並び無き宝なる、夜光る玉を持給へり。宝蔵に納め置き給ひたりけるを、盗人有て、何に構ふるにか有む、盗てけり。

国王、歎き給て、「若し、其れが取つらむ」と、疑はしく思ひ給ければ、只問むには云ふべき様無ければ、此れを云すべき構へを謀かり給ける様、高楼を七宝を以て荘(かざ)り、玉の幡を懸け、錦を以て地に敷き、荘厳無量にして、端正美麗の女共に微妙の衣服共を着しめ、花鬘を懸け、其の身を餝り、琴瑟・琵琶等の微妙の音楽を唱へ、様々の楽びを集めて、「此の玉、盗たらむ」と思す人を召て、痛く酔ふ酒を多く飲ましめて、善く酔て死たる如くまで酔はしめ臥せつ。

其の後、密に掻て、彼の餝れる楼の上に将上て、臥せつ。亦、其の人にも微妙の衣服共を着せ、花鬘瓔珞を懸させて臥したり。然りと雖も、善く酔たれば、露知る事無し。

酔ひ漸く醒めて、起き上りて見るに、此の世にも似ず、微妙の荘厳せる土(くに)也。見廻せば、四の角に、栴檀・沈水等の香を焼たり。其の匂ひ、不可思議にして、芳き事限無し。玉の幡を懸け、微妙の錦を天井に張り、地に敷てあり。玉の女共、髪を上げ、玉の装束して、居並て、琴瑟・琵琶を弾て遊ぶ。

此れを見て、「我れは何なる所に来たるならむ」と思て、傍に近き女に、「爰は何こぞ」と問ふ。女、答て云く、「此れは天也」と。男の云く、「何で、我は天には生まるべきぞ」と。女の云く、「汝は偽言を為ねば、天には生れたる也」と。此の如く構ふる様は、「汝は盗や為たりし」と問はむと為る也。「虚言せざる者、天に生る」と云ひ聞せたれば、有のままに「虚言せじ」と思て、「盗き」と云はば、「然らば、其の国の王の宝に為しし玉は盗てや有し」と問はむに、「盗たりき」と云はば、「何なる所にか置たる」と問はむに、「然々の所になむ置たる」と云はば、其の時に、有り所を慥に聞て、人を遣て取らむと云事を謀(はかりご)つ也けり。

さて、女の、「虚言せぬ人の生るる天也」と云ふを聞て、玉の盗人、うなづく。女の云く、「盗や為たりし」と。盗人、其の答をば云はずして、此の居並たる女を面(かほ)毎に守り渡たすに、遍く護て、頸を曳入れて云ふ事無し。度々問ふと云へども、更に答へず。

女、問ひ煩て云く、「かく云ふ事無き人は、此の天に生れず」と云て、追下しつ。国王、謀り侘び給て、思ひ得給ふ様、「此の盗人を大臣に成てむ。我れと一つ心に成して、謀り試む」と思給て、大臣に成されぬ。

其の後は、墓無き事も大小に付けて、皆此の人に云ひ合せ給ふ。限り無く昵じく成給て後、身に露隠したる事無く互に成ぬ。

其の後、天皇、大臣に宣ふ様、「我れ、内々に思ふ事なむ有る。先年に、『並び無き宝』と思ひし玉をなむ盗まれにし。『其れ、返し得む』と思へども、得べき様も無し。『其れ、盗たらむ人を尋て、還し得らば、此の国、半国を分て知らしむ』と思ふに、其の由、宣旨下せ」と仰せ給ふ時に、大臣の思はく、「我が玉を盗し事は、身の故也。而るを、国半国を分て知るべくば、玉を深く隠して益無し。此の時に申し出でて、半国を分て知らむ」と思得て、軟(やは)ら歩み寄て、国王に申して云く、「己れこそ、其の玉は盗て持て候へ。国半国を分て給ふべくば、其れを奉らむ」と。

其の時に、天皇、限り無く喜て、半国を知るべき宣旨を下されぬ。大臣、玉を取り出て、国王に奉りつ。国王の宣はく、「此の玉を得つる、限り無き喜びと為る所也。年来思ひつる本意、今なむ叶ぬ。大臣、永く半国を知るべし。抑も、先年に天の楼を造て、昇せたりし時、云ふ事無くして、頸を曳入れて有りしは、何なりし事ぞ」と。

大臣の申さく、「先年に盗を仕が為に、僧房に入たりしに、比丘、経を読み奉て、寝ざりしかば、『寝るを待(またん)』とて、壁の辺りに立ち副て、聞き立りしに、比丘、経を読む様、『天人は瞬(まじろ)がず。人間は瞬(まじろ)ぐ』と読み奉しを聞しかば、天人は目瞬がずと知たるに、此の楼の上に居並たりし女は、皆目瞬げば、「天1)には非ぬ也けり」と思て、申す事無くして、止にし也。盗を仕る事無からましかば、其の時に謀られて辛き目をぞ見まし。今日、大臣に成て、半国の王とは成ざらまし。此れ、偏に盗の徳也」となむ、云ひける。「此れは、経の説也」とぞ、僧語りし。

然れば、悪しき事と、善き事とは、差別有る事無し。只同じ事也。智(さと)り無き者の善悪異也とは弁る也。彼の鴦掘摩羅は、仏の御指を切らずば、忽に道を成すべき非ず2)。阿闍世王は、父を殺さずば、何でか生死を免るべき3)。盗人、玉を盗まずば、大臣の位に昇らむや。

此れを以て、「善悪一つ也」と知るべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-3.txt · 最終更新: 2016/09/03 14:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa