Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻3第27話 阿闍世王殺父王語 第(廿七)

今昔、天竺に、阿闍世王、提婆達多と得意知音にして、互に云ふ事を、皆金口の誠言と信ず。調達1)、其の気色を見て、世王2)に語て云く、「君は、父の大王を殺して新王と成れ。我れは、仏を殺して新仏と成む」と。

阿闍世王、提婆達多が教を信じて、父の頻婆沙羅王を捕へて、幽(かすか)に人離れたる所に、七重の強き室を造て、其の内に籠置て、堅固に戸を閉て、善く門を守る人を設て、誡て云く、「努々人を通はす事無かれ」と。此の如く、度々宣旨を下して、諸の大臣・諸卿に仰せて、一人も通はす事無し。「必ず、七日の内に責殺さむ」と構ふ。

其の時に、母后、韋提希夫人、大に哭て、我れ邪見に悪しき子を生じて、大王を殺事を歎き悲むで、窃に蘇蜜を作て、麨(こ)に和合して、彼の室に密に持行て、大王の御身に塗る。又、瓔珞を構へ造て、其の中に漿(こんづ)を盛て、密に大王に奉る。大王、麨を食して、手を洗ひ、口を漱て、合掌恭敬して、遥に耆闍崛山の方に向て、涙を流して礼拝して、「願くは、一代教主釈迦牟尼如来、我が苦患を助け給へ。仏法には遇乍ら、邪見の子の為に殺されなむとす。目犍連3)は在すや。我が為に慈悲を垂て、八斎戒を授け給へ。後生の資粮とせむ」と。

仏、此の事を聞給て、慈悲を垂て、目連・富楼那を遣す。二人の羅漢、隼の飛が如くに、空より飛て、速に頻婆沙羅王の所に至て、戒を授け法を説く。此の如く、日々に来る。

阿闍世王、「父の王は未だ生たりや」と守門の者に問ふ。門守の者、答て云く、「未だ生給へり。容顔麗しく鮮にして、更に死給はずして御す。此れ則ち、国の大夫人韋提希、窃に麨を蘇蜜に和して、其の御身に塗り、瓔珞の中に漿を盛て、密に奉り給ふ。又、目犍連・富楼那、二人の大羅漢、空より飛び来て、戒を授け法を説く故也。即ち制止するに及ばず」と。

阿闍世王、此れを聞て、弥よ嗔を増して云く、「我が母韋提希は、此れ賊人の伴也。悪比丘の富楼那・目連を語ひて、我が父の悪王を今日まで生ける」と云て、釼を抜て、母の夫人を捕へて、其の頸を切らむとす。

其の時に菴羅衛女の菴羅衛の子に、耆婆大臣と云ふ人有り。闍王4)の前に進み出て申さく、「我が君、何に思して、かかる大逆罪をば造り給ふ。毗陀論経に云く、『劫初より以来、世に悪王有て、王位を貪るが為に父を殺す事、一万八千人也』。但し、未だ曾て聞かず。無道に母を害せる人をば。大王、猶善く思惟せしめ給て、此の悪逆を止め給へ」と。王、此の事を聞て、大に恐れて、釼を捨て母を害せず成ぬ。父の王は遂に死す。

其の後、仏、鳩尸那城5)抜提河の辺り、沙羅林の中に在まして、大涅槃の教法を説き給ふ。其の時に、耆婆大臣、闍王を教て云く、「君み、逆罪を造り給へり。必ず地獄に堕給ひなむとす。此の比、仏け、鳩尸那城抜提河の辺り、沙羅林の中に在して、常住仏性の教法を説て、一切衆生を利益し給ふ。速に其の所に参り給て、其の罪を懺悔し給へ」と。闍王の云く、「我れ、既に父を殺てき。仏、更に我を吉しと思さじ。又、我を見給ふ事非じ」と。耆婆大臣の云く、「仏は善を修するをも見給ふ。悪を造るをも見給ふ。一切衆生の為に、平等一子の悲を垂れ給ふ也。只参り給へ」と。闍王の云く、「我れ、逆罪を造れり。決定して無間地獄に堕なむとす。仏を見奉ると云へども、罪滅せむ事難し。又、我れ、既に年老にたり。仏の御許に参て、今更に恥を見む事、極て益無し」と。大臣の云く、「君、此の度び仏を見奉り給て、父を殺せる罪を滅し給はずば、何れの世にか罪を滅し給はむ。無間地獄に堕入り給なば、更に出る期非じ。猶必ず参り給へ」と寧(ねんごろ)に勧む。

其の時に、仏の御光、沙羅林より阿闍世王の身を指して照す時に、闍王の云く、「劫の終りにより、日月三つ出て、世を照すべかなれ。若し、劫の終りたるか。月の光り、我が身を照す」と。大臣の云く、「大王、聞き給へ。譬ば、人に数(あまた)の子有り。其の中に病有り。片輪有るを、父母、懃(ねんごろ)に養育す。大王、既に父を殺し給へる罪重し。譬ば、人の子の病重きに非ずや。仏は一子の悲び在ます。大王を利益し給はむが為に、指し給へる所の光ならむ」と。闍王の云く、「然れば、試みに仏の御許へ参らむ。汝も我に具せよ。我れ五逆罪を造(つくれ)り。道行かむ間に、大地割て地獄にもぞ堕入る。若し然る事有らば、汝を捕へむ」と云て、闍王、大臣を具して、仏の御許に参らむとす。

既に出立に、車五万二千両に、皆法幢・幡蓋を懸たり。大象五百に、皆七宝を負せたり。其の所従の大臣の類幾(いくばく)、既に沙羅林に至て、仏の御前に進み参る。仏、王を見給て、「彼は阿闍世王か」と問給ふ。即ち、果を証して授記を蒙れり。仏の宣はく、「若し、我れ、汝を道に入れずば、有るべからず。今、汝ぢ、我が許に来れり。既に仏道に入つ」と。

此れを以て思ふに、父を殺せる阿闍世王、仏を見奉て、三界の惑を断じて、初果を得たり。かかれば、仏を見奉る功徳量無しとなむ、語り伝へたるとや。

1)
提婆達多
2) , 4)
阿闍世王
3)
目連
5)
拘尸那城
text/k_konjaku/k_konjaku3-27.txt · 最終更新: 2016/07/16 16:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa