Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第16話 鴦掘摩羅切仏指語 第十六

今昔、天竺に鴦掘摩羅1)と云ふ人有けり。此の人は指鬘比丘2)の弟子也。師資相承して、外道の法を信じて、其の法を習へり。

指鬘比丘、鴦掘摩羅を呵嘖して云く、「汝、今日出て、千人の指を切て、天神に祀て、速に王位を得て、天下を治め、富貴を得よ」と。鴦掘摩羅、此れを聞て、竜の水を得たるが如し。右の手に釼を拳(にぎ)り、左の手に索を取て、走り出ぬ。

哀なる事は、悪人の趣く道の始に、先づ釈迦如来の太子として窃かに父の宮を出て、始て仏の道に趣給て、行き給ふ道に、鴦掘摩羅、会ひ奉ぬ。太子、此れを見て、退き返り給ふ。鴦掘摩羅は叫て追ひ行くに、疾く逃給ひ、遅く追ふが故に、太子は前に立給ひ、鴦掘摩羅は疲極じて、追付かず。

其の時に、鴦掘摩羅、追付奉るべき様無て、音を高くして云く、「我れ、汝が本願を聞けば、『一切衆生の願をば叶へむが為めに、王宮を出て、利生の道に入れり』と。我れ、『今日千人の指を切て、天神に祀て、王位を得む』と思ふ。何の故に、汝ぢ、我が思ふ所を背て、一の指を惜ぞや」と。

其の時に、太子、此の言を聞給て、指を与へ給ふに、鴦掘摩羅、忽に悲の心を発して、本の心を悔て、返て道に趣きにけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
央掘摩羅・央堀摩羅とも。
2)
本来、鴦掘摩羅の別名。『注好選』に始まる誤訳。
text/k_konjaku/k_konjaku1-16.txt · 最終更新: 2016/04/17 14:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa