ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju390

古今著聞集 画図第十六

390 為成一日が中に宇治殿の扉の絵を書きたりけるを・・・

校訂本文

為成1)、一日が中(うち)に宇治殿の扉の絵を書きたりけるを、宇治殿2)、仰せられけるは、「弘高3)は絵様(ゑやう)を描きて、一夜なほよく案じてこそ描きたりしか。いかにかく卒爾(そつじ)には描くぞ」となん仰せられけり。

常則4)が書きたる獅子形を見ては、犬吠えにらみて、驚きけるとなん。

翻刻

は称しける為成一日か中に宇治殿の扉の絵を
書たりけるを宇治との被仰けるは弘高は絵様
をかきて一夜なをよく案してこそかきたりしか
いかにかく卒爾にはかくそとなん仰られけり常則
か書たる師子形をみては犬ほへにらみておとろ
きけるとなん/s295r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/295

1)
宅磨為成
2)
藤原頼通
3)
巨勢広高
4)
飛鳥部常則


text/chomonju/s_chomonju390.txt · 最終更新: 2020/05/16 11:35 by Satoshi Nakagawa