ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju235

古今著聞集 管絃歌舞第七

235 同じき六年常寧殿にて三月尽の宴ありけり・・・

校訂本文

同じき1)六年、常寧殿にて、三月尽の宴ありけり。右大臣(定方)2)・按察使大納言3)・左衛門督(伊望)4)・中宮大夫5)参り給ひたり。楽所には、笙四人・篳篥(ひちりき)一人・唱歌(しやうが)の者数人などありける。

また、必ず絃をととのへねども、吹物一両にても、かやうのことありけるこそ。

翻刻

同六年常寧殿にて三月尽宴ありけり右大臣(定方)
按察使大納言左衛門督(伊望)中宮大夫まいり給たり楽所/s160r
には笙四人篳篥一人唱哥の物数人なと有ける又
かならす絃をととのへねとも吹物一両にてもかやうの事
ありけるこそ/s160l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/160

1)
延長。234参照。
2)
藤原定方
3)
藤原仲平
4)
平伊望
5)
藤原扶幹


text/chomonju/s_chomonju235.txt · 最終更新: 2020/03/22 19:30 by Satoshi Nakagawa