Recent changes RSS feed

源隆国

みなもとのたかくに(1004〜1077)

寛弘五年(1004)〜承保四年(1077)。醍醐源氏。左大臣源高明の孫。権大納言源俊賢の次男。権中納言源顕基の弟。正二位、権大納言、太皇太后宮大夫に至る。

晩年、宇治に隠棲したので宇治大納言と称せられ、『宇治拾遺物語』序によると散逸『宇治大納言物語』の編者とされるが明らかではない。

現存する著作は『後拾遺和歌集』以下五首の和歌(『後拾遺和歌集』556・『千載和歌集』6・『新古今和歌集』725・『続古今和歌集』1411・『玉葉和歌集』2071)の他、比叡山の僧数人と編集したという『安養集』がある。

rhizome/源隆国.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa