Recent changes RSS feed

源高明

みなもとのたかあきら(914〜982)

延喜十四年(914)〜天元五年(982)。醍醐源氏の祖で醍醐天皇の皇子。母は更衣源周子。

四条北大宮にあった邸を西宮といい、西宮左大臣などと呼ばれた。

著書に有職故実の書『西宮記』があり、私家集に『西宮左大臣集』がある。

勅撰和歌集には、『後拾遺和歌集』が初出。

源氏物語』の主人公、光源氏のモデルであるという説もある。

rhizome/源高明.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa