Recent changes RSS feed

冷泉家

れいぜいけ

概要

藤原為家阿仏尼の子、冷泉為相を祖とし、二条家京極家と並ぶ、御子左流御子左家参照)の歌道家で、為家の父、藤原定家の冷泉亭を伝領したのに由来する家名。

門流に『夫木和歌抄』撰者の藤原長清今川了俊正徹を輩出した。

二条家・京極家が早く絶えたのに対し、近代まで続いており、勅撰和歌集撰者になった者はいないが、為家、阿仏尼伝来の貴重な古典籍を相伝し、門弟に流布させた。

家系

藤原為家冷泉為相冷泉為秀冷泉為尹(以下、嫡流の上冷泉家と下冷泉家に分かれる。)

上冷泉家

下冷泉家

冷泉為尹ー冷泉持為冷泉政為冷泉為孝冷泉為豊冷泉為純冷泉為勝冷泉為将(為勝、為将は兄弟)ー冷泉為景(為勝、為将の弟、藤原惺窩の子)ー冷泉為元冷泉為経冷泉為俊冷泉宗家(実父は為経)ー冷泉為栄冷泉為訓冷泉為起冷泉為行冷泉為柔

参考サイト

rhizome/冷泉家.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa