ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho7-017

醒睡笑 巻7 思の色を外にいふ

17 妙吉侍者も恋の歌詠まれんやと尋ぬる者ありき・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

「妙吉侍者も恋の歌詠まれんや」と尋ぬる者ありき。「なかなか」と返事せらる。「さらば」とて、「逢不逢恋(逢うて逢はざる恋)」といふ題を出だすに、

  我が恋は達磨大師の魏にあへる梁の武帝の秋の夕暮

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 妙吉侍者(みやうきちししや)も恋の哥よまれんやと尋ぬる
  者ありき中々と返事せらるさらはとて
  逢(あふて)不(さる)逢(あは)恋(こひ)」といふ題を出すに
   我か恋は達磨大(たるまたい)師の魏(ぎ)にあへる/n7-11l
    梁(りやう)の武帝(ぶてい)の秋の夕暮/n7-12r


text/sesuisho/n_sesuisho7-017.txt · 最終更新: 2022/06/19 10:41 by Satoshi Nakagawa