Recent changes RSS feed

世継物語

第36話 相坂のあなたに関寺といふ所に牛仏現れ給ひて・・・

校訂本文

今は昔、相坂のあなたに、関寺といふ所に、牛仏現れ給ひて、よろづの人参り見奉りけり。

大なる堂を立てて、弥勒を作り据ゑ奉りける。それえもいはぬ大木ども、ただこの牛一つして運ぶわざをなんしける。繋がねど、行きたる事もせず、さやかに見目もをかしげにて、例の牛の心ざまにも似ざりけり。

入道殿をはじめ参らせて、世の中におはしある人の参らぬはなかりけり。御門、東宮ぞおはしまさざりける。

この牛、悩ましげにおはしければ、「うせ給ふべきか」とて、いよいよ参り来ん。聖は御映像を描かせんと急ぎけり。西の京に、いと貴く行ふ聖の夢に見えける。「生仏(せうぶつ)、たうに涅槃の刻なり。智僧(ちさう)、とく結縁せよ1)」こそ、見えたりければ、いとど人参りける。歌詠む人もありけり。

和泉式部

  聞しより声ぞ心をかけながらまた2)こそ越えね逢坂の関

翻刻

今は昔相坂のあなたに関寺と云所に牛仏あらはれ給て
よろつの人参り見たてまつりけり大なる堂を立
てみろくを作すへ奉りけるそれえもいはぬ大木と
もたた此牛一してはこふわさをなんしけるつなかねと
いきたる事もせすさやかに見めもおかしけにてれいの
牛の心さまにもにさりけり入道殿をはしめまいらせ
て世の中におはしある人のまいらぬはなかりけり御門
東宮そおはしまささりける此牛なやましけにおは
しけれはうせ給へきかとていよいよ参りこんひしりは
御えいさうをかかせんといそきけり西の京にいとたうとく/20オ
おこなうひしりの夢に見えけるせう仏たうにねはん
のこくなりちさうとくけちえんせよこそ見えたりけれ
はいとと人参りける哥よむ人もありけり和泉式部
  聞しより声そ心をかけなから又こそこえねあふ坂の関/20ウ
1)
古本説話集50話「かせう仏道にねはんのそむ也ちさたうとくけちえんせよ」
2)
底本「又」
text/yotsugi/yotsugi036.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa