Recent changes RSS feed

古本説話集

第50話 関寺の牛に依りて、和泉式部、和歌を詠む事

依関寺牛事 和泉式部詠和哥事

関寺の牛に依りて、和泉式部、和歌を詠む事1)

校訂本文

今は昔、逢坂のあなたに、関寺といふ所に、牛仏現れ給ひて、よろづの人参りて見奉りけり。

大きなる堂を建てて、弥勒を造り据ゑ奉りける。くれ、えもいはぬ大木ども、ただこの牛一つして運ぶわざをなんしける。繋がねども行き去ることもせず。ささやかに、見目もをかしげにて、例の牛の心ざまにも似ざりけり。

入道殿2)をはじめ参らせて、世の中におはしある人、参らぬはなかりけり。御門3)、東宮4)ぞえおはしまさざりける。

この牛、悩ましげにおはしければ、「うせ給ひぬべきか」とて、いよいよ参り来む。聖は御影像を描かせんと急ぎけり。西の京に、いと貴く行ふ聖の夢に見えける。「迦葉、仏道に涅槃のぞむなり。智者、貴く結縁せよ」とぞ見えたりける。いとど人参りけり。歌詠む人もありけり。

和泉式部、

  聞きしより牛に心をかけながらまだこそ越えね逢坂の関

翻刻

いまはむかしあふさかのあなたにせきてら
といふ所にうし仏あらはれ給てよろつのひと/b138 e70
まいりてみたてまつりけりおほきなるた
うをたててみろくをつくりすゑたてまつり
けるくれえもいはぬ大木ともたたこのうし
一してはこふわさをなんしけるつなかねとも
いきさることもせすささやかにみめもおかし
けにてれいのうしのこころさまにもにさり
けり入道殿をはしめまいらせて世中にお
はしあるひとまいらぬはなかりけり御かと
東宮そえおはしまささりけるこのうしなや
ましけにおはしけれはうせ給ぬへきかとていよいよ/b139 e70
まいりこむひしりは御ゑいさうをかかせんと
いそきけりにしの京にいとたうとくをこなふ
ひしりのゆめにみえけるかせう仏道にねはん
のそむ也ちさたうとくけちえんせよとそ
みえたりけるいとと人まいりけり哥よむひともあり
けりいつみしきふ
  聞しよりうしにこころをかけなから
  またこそこえねあふさかのせき/b140 e71
1)
標題上は二話になっているが、一つの説話なので最初の「事」を削除し、連結した。
2)
藤原道長
3)
後一条天皇
4)
敦良親王・後朱雀天皇
text/kohon/kohon050.txt · 最終更新: 2016/01/29 14:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa