Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第146話(巻12・第10話)季直少将の哥の事

季直少将哥事

季直少将の哥の事

今はむかし、季直少将といふ人有けり。病つきて後、すこしをこたりて、内にまいりたりけり。公忠弁の掃部助にて、蔵人なりける比の事也。「みだり心ち、まだよくもをこたり侍らねども、心えなくて、参り侍つる。後はしらねども、かくまで侍れば、あさて斗に又侍らん。よきに申させ給へ」とて、まかり出ぬ。

三日ばかりありて、少将のもとより

くやしくぞ後にあはんと契けるけふをかぎりといはまし物を

さて、その日うせにけり。あはれなる事のさまなり。

text/yomeiuji/uji146.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa