Recent changes RSS feed

大和物語

第101段 同じ季縄の少将病にいたうわづらひて・・・

校訂本文

同じ季縄の少将1)、病にいたうわづらひて、少しおこたりて、内裏(うち)に参りたりけり。

近江の守公忠の君2)、掃部(かもん)の助にて蔵人なりけるころなりけり。その掃部の助に会ひて、言ひけるやう、「乱り心地は、いまだおこたりはてねど、いとむつかしう、心もとなう侍ればなん、参りつる。のちは知らねど、かくまで侍ること。まかり出でて、明後日(あさて)ばかり参り来ん。よきに奏し給へ」など、言ひ置きて、まかり出でぬ。

三日ばかりありて、少将のもとより、文をなんおこせたりけるを見れば、

  くやしくぞのちに会はんと契りける今日を限りと言はましものを

とのみ書きたり。

いとあさましくて、涙をこぼして、使に問ふ。「いかがものし給ふ」と問へば、使も、「いと弱くなり給ひにたり」と言ひて泣くを、聞くに、さらにえ聞こえず。「みづから、ただ今参りて3)」と言ひて、里に車取りにやりて待つほど、いと心もとなし。近衛の御門4)に出で立ちて、待ちつけて、乗りて馳せ行く。

五条にその少将の家あるに、行き着きて、見れば、いといみじく騒ぎののしりて、門々(かどかど)さしつ。死ぬるなりけり。消息いひ入るれど、何のかひなし。いみじく悲しくて、泣く泣く帰りにけり。

かくてありけることを、上(かん)のくだり奏しければ、御門もかぎりなくなん、あはれがり給ひける。

翻刻

らんしける同季縄の少将やまひにいた
うわつらひてすこしおこたりてうち
にまいりたりけりあふみのかみ公忠の
きみかもんのすけにて蔵人なりける
ころなりけりそのかもんのすけに
あひていひけるやうみたり心ちは
いまたをこたりはてねといとむつか
しうこころもとなう侍れはなんまい
りつるのちはしらねとかくまて侍こと
まかりいててあさてはかりまいりこん
よきにそうしたまへなといひをきて/d50l
まかりいてぬ三日はかりありて少将
のもとよりふみをなんおこせたり
けるをみれは
  くやしくそのちにあはんとちき
  りけるけふをかきりといはましものを
とのみかきたりいとあさましくてなみた
をこほしてつかひにとふいかかものし
たまふととへはつかひもいとよはく
なりたまひにたりといひてなく
をきくにさらにえきこえすみつか
らたたいままいるてといひてさとに/d51r
くるまとりにやりてまつほといと
こころもとなしこのゑの御かとにいて
たちてまちつけてのりてはせ
ゆく五条にその少将のいへあるに
いきつきてみれはいといみしくさはき
ののしりてかとかとさしつしぬるなり
けりせうそこいひいるれとなにの
かひなしいみしくかなしくてなくなく
かへりにけりかくてありけるこ
とをかんのくたりそうしけれは
みかともかきりなくなんあはれかり給ける/d51l
1)
藤原季縄。100段参照。
2)
源公忠
3)
底本「まいるて」。誤写とみて訂正。
4)
陽明門
text/yamato/u_yamato101.txt · 最終更新: 2017/08/20 18:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa