Recent changes RSS feed

大和物語

第100段 大井に季縄の少将住み給ひけるころ亭子の御門ののたまひける・・・

校訂本文

大井に季縄(すゑなは)1)の少将住み給ひけるころ、亭子の御門ののたまひける。「花おもしろくなりなば、必ず御覧ぜん」とありけるを、思し忘れて、おはしまさざりけり。

されば、少将、

  散りぬればくやしきものを大井川岸の山吹今日さかりなり

とありければ、いたう2)あはれがり給ひて、急ぎおはしまして御覧じける。

翻刻

おほゐにすゑなはの少将すみ給け
るころていしの御かとののたまひけ
るはなをもしろくなりなはかな
らすこらむせんとありけるをおほし
わすれておはしまささりけりされ
は少将
  ちりぬれはくやしきものをおほ
  井かはきしのやまふきけふさかりなり
とありけれはたうあはれかり給ていそきおはしまして御/d50r
らんしける同季縄の少将やまひにいた/d50l
1)
藤原季縄
2)
「いたう」は底本「い」なし。諸本により補入。
text/yamato/u_yamato100.txt · 最終更新: 2017/08/20 13:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa