Recent changes RSS feed

大和物語

第95段 同じ右の大臣の御息所御門おはしまさずなりてのち・・・

校訂本文

同じ右の大臣(おとど)の御息所1)、御門おはしまさずなりてのち、式部卿敦実2)なんど住み奉り給ひけるを、いかがありけん、おはしまさざりけるころ、斎宮の御もとより、御文(おんふみ)奉り給ひけるに、御息所の、宮おはしまさぬことなど、聞こえ給ひて、奥に、

  白山(しらやま)に降りにし雪の跡絶えて今日はこしぢの人も通はず

となんありける。

御返りあれど、本に、「なし」とあり。

翻刻

おなし右のおととのみやす所みかと
おはしまさすなりてのち式部卿敦実
なんとすみたてまつりたまひけるを
いかかありけんおはしまささりけるころ
さい宮の御もとより御ふみたてまつ
り給けるに宮す所のみやおはしま
さぬことなときこえ給てをくに/d47l
  しらやまにふりにしゆきのあ
  とたえてけふはこしちの人もかよはす
となんありける御かへりあれと
本になしとあり/d48r
1)
藤原定方の女能子。94段参照。
2)
宇多天皇皇子敦実親王
text/yamato/u_yamato095.txt · 最終更新: 2017/08/19 15:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa