Recent changes RSS feed

大和物語

第94段 故中務の宮の北の方失せ給ひてのち小さき君たちを引き具して・・・

校訂本文

故中務の宮1)の北の方2)失せ給ひてのち、小さき君たちを引き具して、三条の右大臣殿に住み給ひけり。

御忌みなど過ごしては、つひに一人過ぐし給ふまじかりければ、御おとうとの九の君を、「やがて、え給はん」となん思しけるを、「何かは、さも」と、親・はらからも思したりけるに、いがかありけん、左兵衛督の君3)、侍従にものし給ひけるころ、「その御文、持て来(く)」となん聞き給ひける。

さて、「心づきなし」とや思しけん、もとの宮になんわたり給ひける。

その時に、御息所4)の御もとより、

  亡き人の巣守(すもり)にだにもなるべきを今はとかへる今日の悲しさ

宮の御返し

  巣守にと思ふ心はとどむれどかひあるべくもなしとこそ聞け

となんありける。

翻刻

  信明 三条右大臣女 重光保光延光等卿母
故中つかさのみやのきたのかたうせ
たまひてのちちゐさき君たちを
ひきくして三条のうたいしんとのに
すみたまひけり御いみなとすこしては
ついにひとりすくし給ましかりけれは/d46l
御おとうとの九のきみをやかてえ給はんと
なんおほしけるをなにかはさもと
おやはらからもおほしたりけるに
いかかありけん左兵衛督のきみ侍従
にものしたまひけるころその御
ふみもてくとなんきき給けるさて
こころつきなしとやおほしけんもと
のみやになんわたり給けるその
ときにみやす所の御もとより
  なきひとのすもりにたにも
  なるへきをいまはとかへるけふのかなしさ/d47r
みやの御かへし
  すもりにとおもふこころはととむ
  れとかひあるへくもなしとこそきけ
となんありける/d47l
1)
醍醐天皇皇子代明親王
2)
三条右大臣藤原定方の女
3)
藤原師尹
4)
醍醐天皇女御三条御息所能子。北の方の姉にあたる。
text/yamato/u_yamato094.txt · 最終更新: 2017/08/19 15:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa