Recent changes RSS feed

大和物語

第93段 これもおなじ中納言斎宮の皇女を年ごろよばひ奉りて・・・

校訂本文

これもおなじ中納言1)、斎宮の皇女2)を年ごろよばひ奉りて、今日明日逢ひなんとしけるほどに、伊勢の斎宮の御占(みうら)にあひ給ひにけり。「いふかひなく、口惜し」と、男、思ひ給ひけり。

さて、詠みて奉り給ひける。

  伊勢の海の千尋(ちひろ)の浜に拾ふとも今はかひなく思ほゆるかな

となんありける。

翻刻

承平二年卜定雅子母更衣周子
これもおなし中納言さい宮の御こをとし
ころよはひたてまつりてけふあす
あひなんとしけるほとに伊勢のさい
宮の御うらにあひたまひにけり
いふかひなくくちをしとおとこおもひ/d46r
たまひけりさてよみてたてまつり
たまひける
  伊勢のうみのちひろのはまにひ
  ろふともいまはかひなくおもほゆるかな
となんありける/d46l
1)
藤原敦忠。92段参照
2)
醍醐天皇皇女雅子内親王
text/yamato/u_yamato093.txt · 最終更新: 2017/08/19 11:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa