Recent changes RSS feed

大和物語

第92段 故権中納言左の大臣の君をよばひ給ひける年の師走のつごもりに・・・

校訂本文

故権中納言1)、左の大臣(おとど)2)の君3)をよばひ給ひける年の、師走のつごもりに、

  もの思ふと月日のゆくも知らぬまに今年は今日に果てぬとか聞く

となんありける。

また、かくなん。

  いかにしてかく思ふてふことをだに人づてならで君に語らん

かく言ひ言ひて、つひに逢ひにけるあしたに、

  今日そへに暮れざらめやと思へども耐えぬは人の心なりけり

翻刻

故権中納言左のおととのきみをよはひ
たまひけるとしのしはすのつこもりに
  ものおもふと月日のゆくもしらぬ
  まにことしはけふにはてぬとかきく
となんありける又かくなん
  いかにしてかくおもふてふことを/d45l
  たにひとつてならてきみにかたらん
かくいひいひてつゐにあひにけるあし
たに
  けふそへにくれさらめやとおもへとも
  たえぬはひとのこころなりけり/d46r
1)
藤原敦忠
2)
藤原仲平
3)
仲平の娘。貴子説・明子説がある
text/yamato/u_yamato092.txt · 最終更新: 2017/08/19 11:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa