Recent changes RSS feed

大和物語

第77段 これも同じ皇女に同じ男・・・

校訂本文

これも同じ皇女1)に、同じ男2)

  長き夜をあかしの浦に焼く塩の煙(けぶり)は空に立ちやのぼらぬ

かくて、忍びつつ逢ひ給ひけるほどに、院に、八月十五夜せられけるに、「参り給へ」とありければ、参り給ふに、院にたは逢ふまじければ、「せめて今宵はな参り給ひそ」と、とめけり。

されど、召しなりければ、えとどまらで、急ぎ参り給ひければ、嘉種、

  竹取(たかとり)がよよに泣きつつとどめけむ君は君にと今宵しもゆく

翻刻

これもおなし御こにをなしおとこ
  なかきよをあかしのうらにやくし
  ほのけふりはそらにたちやのほらぬ
かくてしのひつつあひたまひけるほと
に院に八月十五夜せられけるにまい
り給へとありけれはまいり給に院に
たはあふましけれはせめてこよひは
なまいり給そととめけりされと/d38l
めしなりけれはえととまらていそき
まいり給けれはよしたね
  たかとりかよよになきつつととめ
  けむきみはき□にとこよひしもゆく/d39r
1)
宇多天皇皇女孚子内親王。76段参照
2)
源嘉種。76段参照
text/yamato/u_yamato077.txt · 最終更新: 2017/08/11 13:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa