Recent changes RSS feed

大和物語

第76段 桂の御女の御もとに嘉種が来たりけるを母御息所聞きつけ給ひて・・・

校訂本文

桂の皇女1)の御もとに、嘉種2)が来たりけるを、母御息所聞きつけ給ひて、門(かど)をささせ給ひければ、夜一人立ちわづらひて、「帰る」とて、「かく聞こえ給へ」とて、門のはざまより言ひ入れける。

  今宵こそなみだの川に入る千鳥なきて帰ると君は知らずや

翻刻

孚子内親王母仲野親王歟天徳二年四月薨桂宮
かつらの御この御もとによしたねかき
たりけるをははみやす所ききつけ
たまひてかとをささせ給けれはよるひ
とりたちわつらひてかへるとてか
くきこえ給へとてかとのはさまより
いひいれける/d38r
源嘉種正正五位下美作介従三位刑部卿清和姓氏長猷男
  こよひこそなみたのかはにいるちとり
  なきてかへるときみはしらすや/d38l
1)
宇多天皇皇女孚子内親王
2)
源嘉種
text/yamato/u_yamato076.txt · 最終更新: 2017/08/11 13:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa