Recent changes RSS feed

大和物語

第13段 右馬の允藤原の千兼といふ人の妻にとし子といふ人なんありける・・・

校訂本文

右馬(むま)の允(ぜう)藤原の千兼(ちかぬ)といふ人の妻(め)に、とし子1)といふ人なんありける。

子どもなど、あまた出で来て、思ひて住みけるほどに、亡くなりにければ、かぎりなく、「悲し」とのみ思ひありくほどに、内の蔵人にてありける一条の君2)といひける人は、とし子をいとよく知れりける人なりけり。かくなりにけるほどにしも、問はざりければ、「あやし」と思ひありくほどに、この問はぬ人の従者(ずさ)の女なん会ひたりけるを見て、「かくなん、

  思ひきや過ぎにし人の悲しきに君さへつらくならんものとは

と聞こえよ」と言ひければ、返し、

  亡き人を君が聞かくにかけじとて泣く泣くしのぶほどな恨みそ

翻刻

むまのせうふちはらのちかぬといふ人
のめにとしこといふ人なんありける
こともなとあまたいてきておもひてすみける
ほとになくなりにけれはかきりなく
かなしとのみおもひありくほとにうちの
蔵人にてありける一条のきみといひ
けるひとはとしこをいとよくしれりける
ひとなりけりかくなりにける
ほとにしもとはさりけれはあやしと/d11l
おもひありくほとにこのとはぬ人の
すさの女なんあひたりけるをみて
かくなん
  おもひきやすきにし人のかな
  しきにきみさへつらくならん物とは
ときこえよといひけれはかへし
  なき人をきみかきかくにかけし
  とてなくなくしのふほとなうらみそ/d12r
1)
第3段参照。
2)
貞平親王の娘
text/yamato/u_yamato013.txt · 最終更新: 2017/05/20 02:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa