Recent changes RSS feed

徒然草

第5段 不幸に愁へに沈める人の頭おろしなど・・・

校訂本文

不幸に愁へに沈める人の、頭(かしら)おろしなど、ふつつかに思ひ取りたるにはあらで、あるかなきかに門さしこめて、待つこともなく明かし暮らしたる。さるかたに、あらまほし。

顕基中納言1)の言ひけん、配所の月、罪なくて見んこと2)、さも思えぬべし。

翻刻

不幸に愁にしづめる人のかしらお
ろしなど。ふつつかに思ひとりた
るにはあらで。有かなきかに門さしこ
めて。まつこともなく明し暮したる。
さるかたにあらまほし。顕基中納言/w1-5l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0005.jpg

のいひけん。配所の月罪なくて見ん
事さも思えぬべし/w1-6r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0006.jpg

text/turezure/k_tsurezure005.txt.txt · 最終更新: 2018/05/19 12:34 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa