Recent changes RSS feed

発心集

第五第8話(55) 中納言顕基、出家籠居の事

校訂本文

中納言顕基1)は大納言俊賢2)の息(そく)。後一条の御門3)に時めかし仕へ給て、若うより司・位につけて恨みなかりけれど、心はこの世のさかえを好まず、深く仏道を願ひ、菩提を望む思ひのみあり。常のことぐさには、かの楽天4)の詩に、「古墓、何れの世の人。知らず姓と名と。化して路傍の土と為つて、年々春草生ひたり」といふことを口づけ給へり。いといみじき数寄人にて、朝夕琵琶を弾きつつ、「罪なくして罪をかうぶりて、配所の月を見ばや」となむ願はれける。

かの後一条、隠れましましたりける時、歎き給ふさま、ことはりにも過ぎたり。御所のありさま、いつしかあらぬことになりて、はてには、火をだにも灯(とも)さざりけるを、尋ね給ひければ、「諸司(しょし)みな、今の御ことをつとむる間に、つかうまつる人なし」と聞こえけるに、いとど世の憂さ思ひ知られて、さるべき人、みな御門の御方へ参りけれど5)、「忠臣は二君に仕へず」と言ひて、つひに参らず。

御忌みの中のわざなど、つかうまつりて、やがて家を出で給ふ。その年ごろの上君達(うへきんだち)、袖をひかへて、別を悲しみけれど、さらにためらふ心なかりけり。

横川に登りて、頭(かしら)をろして、こもり給へりけるとき、上東門院6)より問はせ給ひたりければ、

  世を捨てて宿(やど)を出でにし身なれどもなほ恋ひしきは昔なりけり

とぞ聞こえ給ひける。

後には大原に澄みて、二心なく行ひ給ひけるを、時の一の人7)、貴く聞き給ひて、忍びつつ、彼の室(しつ)に渡り給ひて、対面(たいめん)し給へることありけり。宵(よひ)より御物語など聞こえて、暁にそよふけて、この世のこと、一言葉も言ひまぜ給はず。いとめでたく貴く思されて、導き給ふべきことども、返す返す契り聞こえて、今帰りなんとし給ひける時、「さても、渡り給へる、いとかしこまり侍り。俊賢8)は不覚のものにて侍るなり」とてなむ、申し給ひける。

その時は、何とも思ひ分き給はず。帰り給ひて、このことを案じ給ふに、「させるついでもなかりき。よも、わが子のため、悪しきさまのこと言はんとてはの給はじ。『すぐれたることなくとも、見放たず、方人せよ』とこそはあらめ。世を背くといへども、なほ恩愛は捨てがたきものなれば、思ひ余られたるにこそ」と、あはれに思されて、その後、ことにふれつつ引立てとり申し給ひければ、みなしごなれど、早く大納言までぞのぼりにける。「美濃の大納言」と聞こゆるは、この君なりけり。

翻刻

  中納言顕基出家籠居事
中納言顕基ハ大納言俊賢ノ息。後一条御門ニ時メ
カシツカヘ給テ。ワカウヨリ司位ニツケテ恨ナカリケ
レド。心ハ此世ノサカヱヲ好マズ深ク仏道ヲネガヒ菩提
ヲノソム思ヒノミ有。ツネノコトクサニハ彼楽天ノ詩ニ古
墓何世人。不知姓与名。化為路傍土年々春草生タ
リトイフ事ヲ口ツゲ給ヘリ。イトイミジキスキ人ニテ
朝夕琵琶ヲヒキツツ罪ナクシテ罪ヲカウフリテ配
所ノ月ヲ見ハヤトナム願ハレケル。彼後一条カクレマシ
マシタリケル時ナケキ給サマコトハリニモ過タリ。御所/n17l
ノアリサマ。イツシカアラヌ事ニナリテ。ハテニハ火ヲダニ
モトモサザリケルヲ尋給ヒケレハ諸司ミナ今ノ御事
ヲツトムル間ニツカフマツル人ナシト聞ヘケルニ。イトト世
ノウサ思ヒシラレテサルベキ人ミナ御門ノ御方ヘマ
イリケルト。忠臣ハ二君ニツカヘズト云テ終ニマイラズ。
御イミノ中ノ事ナドツカフマツリテ。ヤガテ家ヲ出給
其トシゴロノ上君達袖ヲヒカヘテ別ヲカナシミケレド。
更ニタメラフ心ナカリケリ。横川ニノボリテカシラヲロシ
テ籠リ給ヘリケル時。上東門院ヨリ問セ給タリケレバ。
  世ヲ捨テ宿ヲ出ニシ身ナレ共猶恋キハ昔ナリケリ/n18r
トゾキコエ給ヒケル。後ニハ大原ニスミテ二心ナク行
給ヒケルヲ時ノ一ノ人タウトク聞給ヒテ。シノビツツ
彼室ニ渡リ給ヒテ対面シ給ヘル事アリケリ。宵ヨリ
御物語ナドキコヘテ暁ニソヨフケテ此世ノ事一コト
バモ云マゼ給ハズ。イトメデタクタウトクオボサレテ
道引給フベキ事トモ返々契リキコエテ。イマカヘリ
ナントシ給ヒケル時。サテモ渡リ給ヘルイトカシコマリ
侍リ。俊賢ハ不覚ノモノニテ侍ナリトテナム申給ヒ
ケル。其時ハナニトモ思ヒワキ給ハズ。帰リ給テ此事
ヲ案ジ給フニ。サセルツヰデモナカリキ。ヨモ我ガ子ノ/n18l
為アシキサマノ事イハントテハノ給ハジ。スグレタル
事ナクトモ。見ハナタズ方人セヨトコソハアラメ。世ヲ
背クトイヘドモ猶恩愛ハ捨ガタキ物ナレバ。思ヒア
マラレタルニコソト哀ニオボサレテ。其後事ニフレツツ
ヒキタテトリ申給ヒケレハ。ミナシゴナレド早ク大納
言マテゾノボリニケル。ミノノ大納言トキコユルハ此
キミナリケリ/n19r
1)
源顕基
2)
源俊賢
3)
後一条天皇
4)
白居易
5)
「参りけれど」は、底本「マイリケルト」。諸本により訂正。
6)
藤原彰子
7)
藤原頼通
8)
源俊賢。ただし、俊賢は顕基の父親なので、誤り。諸本及び、他書には「俊実」とあるも、顕基の子ではない。
text/hosshinju/h_hosshinju5-08.txt · 最終更新: 2017/06/07 19:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa