Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第31話(106) ※前話のつづき

校訂本文

経信大納言1)・俊忠の中納言2)とて、当世の数寄者、歌鞠の長者なる人いまそかりしが、申され侍りけるは、

「君の御前なんどへ、鞠取り出ださんには、松もしは柳の枝の三つに分かれたらん中の枝に 、いたくひきつめて付けつつ、木の枝を上になして3)、第三のかかりのもとに歩み寄りて、右の膝を突きて、手を延べて置き侍るべきなり。

おほかた、鞠はいかにも姿・形をととのふべし。せんは、ただ装束の衣紋(えもん)のたがはぬほどなり。かかりに伝はん鞠をば、声を出だして、いかにも鞠に強く当るべし。『落さじ』とこしらへ、わが姿をもつくろひ侍らんことは、無下にぞ侍るべき。

鞠を続けてひさしく持てることは、唐国は、しかりといへども、わが朝は、これをば悪しきにし侍るなり。三足、多からば五足には過ぎ侍らじ。姿をばととのへ侍らで、鞠ばかりに当らんとし侍るは、見苦しきわざとや侍らん。

松に伝ふ鞠は、上を走り侍れば、野辺に落つるなるべし。しかあれど、左の膝を突きて、右を延べんに、たより侍り。柳にかかる鞠は、枝にしなひて落つること、なかなか急(きふ)なり。されば、いかにも腰をそらし、身をたをやかになして、鞠をうだき侍るべし」

とぞ、申されける。

この二人の人は、鞠の精を見るまでは、いかが侍りけん4)。末の世には、ありがたきほどの人どもにていまそかりけり。されば、侍従の大納言5)にあひ劣り給はずとこそ。成通もほめ給へりけれ。

翻刻

侍り経信大納言俊忠の中納言とて当世の好
者哥鞠の長者なる人いまそかりしか申され
侍けるは君の御前なんとへ鞠とり出さんには
松もしは柳枝の三にわかれたらん中の枝に
いたくひきつめてつけつつ木の枝を上になして
を上になして第三のかかりのもとにあゆみよ/k259l
りて右のひさを突て手をのへてをき侍へき
なり大方鞠はいかにもすかたたかちをととのふへし
せんはたた装束のゑもんのたかはぬ程なりかかり
につたはんまりをは声を出していかにもまりに
つよくあたるへしおとさしとこしらへ我姿を
もつくろひ侍らんことは無下にそ侍へきまりを
つつけて久しくもてる事は唐国はしかりと
いへとも我朝はこれをはあしきにし侍也三足お
ほからは五足にはすき侍らしすかたをはととのへ侍ら
て鞠はかりにあたらんとし侍るはみくるしき/k260r
わさとや侍らん松につたふまりは上をはしり侍
れはのへにおつるなるへししかあれと左の膝を
つきて右をのへんにたより侍り柳にかかる鞠
は枝にしなひておつることなかなかきう也
されはいかにもこしをそらし身をたをやかに
なして鞠をうたき侍へしとそ申されける
此二人の人はまりのせいをみるまてはいかか侍けん末
世には有かたきほとの人ともにていまそかり
けりされは侍従の大納言にあひをとり給はすと
こそ成通もほめ給へりけれ/k260l
1)
源経信
2)
藤原俊忠
3)
底本「上になしてを上になして」。衍文とみて削除。
4)
前話参照。
5)
藤原成通。前話参照。
text/senjusho/m_senjusho08-31.txt · 最終更新: 2016/09/24 16:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa