Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第30話(105) 成通鞠

校訂本文

さいつころ、侍従大納言成通1)といふ人おはしましけり。壮年より鞠(まり)を好みて、あるいは一人も、あるいは友に交りても、これを興じて、日に絶ゆること侍らざりけり。

ある時、最勝光院にて、ことに心をとどめて蹴給へりけるに、いづくの者、いづ方より来りたりとも知らぬ小男の、見目ことがらあてやかなる、うずくまりて侍り。大納言、怪しみ思して、「誰にか」と尋ね給ふに、「われはこれ鞠の精なり。君のめでたく蹴給ふによりて、鞠のもことの姿を現はすになん」とて、かき消すやうに失せにけり。

そののちも、たびたび先のごとくなる男出で来て、目をもたたかず鞠を見て侍りけり。いと不思議にぞ侍る。

そりたる沓を履きて、清水の舞台の高欄にて鞠を蹴給ひけるを、父の宗通の大納言2)、あさましう、うつつ心なく思え給ひて、「このこと、いさめん」とて、呼び寄せ給ひけるに、畳の上五寸ばかり上りておはしければ、「化人にこそ」と思ひ給ひければ、手を合せて拝みて退き給ひけるを、成通も大きに恐れ給ひけりとぞ。

かの大納言ののたまひしは、鞠は用明天皇の御時、「太子の御つれづれを、なぐさめ奉らん」とて、月卿雲客の作り出だし給へり。太子の鞠、めでたくおはしけり。

朝ほど、一時は人も召されで、いづれの所をもさし回して、一人あそばしけるに、声は数十人が音のし侍りける。これは、三世(よ)の賢聖たちのあそばすとも申す。また、鞠の精どもなりとも申す。いづれとも知りがたく侍り。

ただし、『扶桑記』には、「その跡、妙(たへ)に香ばし」と注(しる)し侍りぬれば、げにも仏たちのあそばしけるにこそ。いとめでたく貴く侍り。

翻刻

さいつ比侍従大納言成道と云人おはしましけり
壮年より鞠を好みて或はひとりも或はとも
に交ても是を興して日にたゆること侍/k258r
らさりけり或とき最勝光院にて殊心をととめ
てけ給へりけるにいつくのものいつ方より来りた
りともしらぬ小男のみめことからあてやかなる
うすくまりて侍り大納言あやしみおほして
誰にかと尋給に我は是鞠のせいなり君の目出
け給によりて鞠の実の姿をあらはすになんと
てかきけすやうにうせにけり其のちも度々
先のことくなる男出きて目をもたたかす鞠
を見て侍りけりいとふしきにそ侍るそりた
るくつをはきて清水の舞台のかうらんにて/k258l
鞠をけ給けるを父の宗通の大納言あさましう
うつつ心なく覚給て此こといさめんとてよひよせ
給けるに畳の上五寸はかりあかりておはしけれは
化人にこそと思給けれは手を合ておかみて
のき給けるを成通も大に恐給けりとそ彼大
納言のの給しはまりは用明天皇の御時太子
の御つれつれをなくさめ奉らんとて月卿雲閣の造
出し給へり太子の鞠目出く御坐けり朝ほと一時
は人もめされて何の所をもさしまはして独り
あそはしけるに声は数十人か音のし侍りけるこれは/k259r
三よの賢聖達のあそはすとも申す又鞠のせ
いともなりとも申何とも知りかたく侍り但扶
桑記には其跡たえにかうはしと注し侍ぬれは
けにも仏達のあそはしけるにこそいと目出貴く
侍り経信大納言俊忠の中納言とて当世の好/k259l
1)
藤原成通
2)
藤原宗通
text/senjusho/m_senjusho08-30.txt · 最終更新: 2016/09/24 16:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa