Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第23話(98) 躬恒(歌)

校訂本文

昔、躬恒1)と聞こえし歌詠みの侍りける。

家に花のいみじう咲きたりけるに、大宮人むれ来て、花を興じて2)、日の山の端(は)にかたぶきぬるをなん歎き侍り。

「花七日を限り、その後は問ひ来る人も侍らじ」と思えて、

  わがやどの花見がてらに来る人は散りなん後ぞ恋ひしかるべき

と詠み侍るも、「げに」と思えて、あはれに侍り。

「山里は花こそやどのあるじなれ3)」と詠みけん心地して侍り。

翻刻

昔躬恒と聞し哥読の侍りける家に花の
いみしう咲たりけるに大宮人むれきて花をけこし/k251r
て日の山の端にかたふきぬるをなん歎侍り花
七日をかきりその後はとひくる人も侍らしと覚て
  我やとの花みかてらにくる人は
  ちりなん後そこひしかるへき
と読侍るも実と覚てあはれに侍り山里は
花こそやとのあるしなれとよみけん心ちして侍り/k251l
1)
凡河内躬恒
2)
「興じて」は底本「けこして」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho08-23.txt · 最終更新: 2016/09/18 15:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa