Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第20話(95) ※標題無し

校訂本文

待賢門院1)、かくれさせ給ひてのまたの年の春、兼方2)と云ふ随身の、かの御所へ参りたりけるに、人は歎きの色ありて、元亮の人も侍らねども、花は思ふことなく、去年にかはらず咲き乱れたるを見て、

  去年(こぞ)見しに色もかはらず咲きにけり花こそものは思はざりけれ

と詠みたりけるを、俊成3)の聞き給ひて、「上の句はめでたけれども、下の句、『花こそ』の句、少し心にもかなはず。非情風情の心地のし侍り」とそしり聞こえ給ひけり。

兼方、このことをほの聞きて、ことにとりつくろひて、俊成の宿所に詣でて、人をたづね出でて、「『いと便なきことに侍れども、申し入るべきことの侍りて参りたる』と申させ給へ」と言ふに、俊成、聞き給ひて、「この歌のこと言ふべきにこそ」など心得給ひて、「今、まぎるること侍り。なにわざにか侍らん」とのたまひければ、兼方、「かくと申させ給へ」とて、

  花こそやどのあるじなりけれ

とばかり言ひて、出でにけり。俊成、聞き給ひて、「落ち合はれぬ」とぞ、のたまはせ侍りける。

「『花こそ』といふ句をかたぶき給ふ」と聞きて、「俊成の父、俊忠4)の歌の『花こそ』は いかに」ととがめけるなり。

ただし、中納言の難じ給へるは、「『去年見しに色もかはらで咲きにけり』といふまでは、いかなる風情の句も付きぬべげに侍るに、『花こそものは思はざりけれ』といふ、無下に弱き句なり」とそしり給へるにこそ。ただ、「花こそ」といふ、「こそ」をにくみ給ふにはあらじものを。しかる上は、なにしにか、俊忠の歌にはひとしむべき。

翻刻

給そと聞え侍る待賢門院かくれさせ給て
のまたの年の春兼方と云ふ随身の彼御所へ
まいりたりけるに人は歎の色ありて元亮の人
も侍らねとも花は思事なく去年にかはらす
さきみたれたるを見て
  去年見しに色もかはらす咲にけり/k248r
  花こそ物はおもはさりけれ
と読たりけるを俊成の聞給て上の句は目出
けれとも下の句花こその句すこし心にもかな
はすひてふ風情の心地のし侍りとそしり聞え
給けり兼方此ことをほの聞て殊取つくろひ
て俊成の宿所にまふてて人をたつね出てい
と便なき事に侍れとも申入へき事の侍り
てまいりたると申させ給へといふに俊成きき給
て此哥のこと云へきにこそなと心得給て今ま
きるる事侍りなにわさにか侍らんとの給けれは/k248l
兼方かくと申させ給へとて
  花こそやとのあるしなりけれ
とはかり云て出にけり俊成きき給てをちあは
れぬとその給はせ侍りける花こそといふ句をかた
ふき給と聞て俊成の父俊忠の哥の花こそは
いかにととかめけるなり但し中納言の難し給へる
は去年見しに色もかはらてさきにけりといふま
てはいかなる風情の句もつきぬへけに侍にはなこそ
ものは思はさりけれといふむけによはき句也
とそしり給へるにこそたた花こそといふこそをにく/k249r
み給にはあらし物をしかる上はなにしにか俊忠の哥
にはひとしむへき/k249l
1)
藤原璋子
2)
秦兼方
3)
藤原俊成
4)
藤原俊忠
text/senjusho/m_senjusho08-20.txt · 最終更新: 2016/09/18 15:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa