Recent changes RSS feed

無名抄

第78話 五日かつみをふく事

校訂本文

五日かつみをふく事

ある人いはく、「橘為仲、陸奥国(みちのくに)の守にて下りけるとき1)、五月五日、家ごとに菰(こも)を葺(ふ)きければ、あやしくてこれを問ふ。その時庁官2)いはく、『この国には、昔より、今日菖蒲(さうぶ)葺くといふことを知らず。しかあるを、故中将の御館(みたち)の御時、『今日は菖蒲(あやめ)葺くものを。尋ねて葺け』と侍りければ、この国には菖蒲(さうぶ)無きよしを申し侍りけり。その時、『さらば、安積(あさか)の沼の花かつみといふ物あらん。それを葺け』と侍りしより、かく葺き初めて侍るなり』とぞ言ひける。中将の御館といふは、実方の朝臣なり。3)

翻刻

五日カツミヲフク事
或人云橘為仲みちの国のかみにてくたりたる
けるとき五月五日いへことにこもをふきけれは
あやしくてこれをとふその時广官(チヤウクワン)云この
国には昔よりけふさうふふくと云ことをしらす/e79r
しかあるを故中将のみたちの御時けふは
あやめふく物をたつねてふけと侍けれはこの
国にはさうふなきよしを申侍けりその時
さらはあさかのぬまの花かつみといふ物あらん
それをふけと侍しよりかくふきそめて
侍也とそいひける中将のみたちといふはさねかた
の朝臣也/e79l
1)
底本「くたりたるけるとき」。諸本により訂正
2)
底本「广官」とあり「チヤウクワン」と傍注
text/mumyosho/u_mumyosho078.txt · 最終更新: 2014/10/23 16:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa