Recent changes RSS feed

無名抄

第79話 為仲宮城野の萩を掘りて上る事

校訂本文

為仲みやぎのの萩をほりてのぼる事

1)この為仲、任果てて上りけるとき、宮城野の萩を掘り取りて、長櫃(ながびつ)十二合に入れて、持(も)て上りければ、人あまねく聞きて、京へ入りける日は二条の大路にこれを見物(みもの)にして、人多く集まりて、車などもあまた立てりける」とぞ。

翻刻

為仲ミヤキノノ萩ヲホリテノホル事
この為仲任はててのほりける時みやき野の
萩をほりとりてなかひつ十二合に入てもて/e79l
のほりけれは人あまねくききて京へいりけ
る日は二条のおほちにこれをみ物にして人
おほくあつまりて車なともあまたたてりける
とそ/e80r
text/mumyosho/u_mumyosho079.txt · 最終更新: 2014/10/23 17:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa