Recent changes RSS feed

無名抄

第66話 俊成女宮内卿両人歌のよみやうのかはる事

校訂本文

俊成女宮内卿両人歌のよみやうのかはる事

今の御所には、俊成卿女と聞こゆる人・宮内卿とこの二人の女房、昔にも恥ぢぬ上手どもなり。歌のよみやうこそ、ことの外に変りて侍りけれ。

人の語り侍りしは、俊成卿女は、晴の歌詠まんとては、まづ日ごろかけて、もろもろの集どもを繰り返しよくよく見て、思ふばかり見終りぬれば、みな取り置きて、火かすかに灯し、人遠く音無くしてぞ案ぜられける。

宮内卿は、始めより終りまで、草子・巻物取り込みて、切灯台(きりとうだい)に火近々と灯しつつ、かつがつ書付け書付け、夜も昼も怠らずなむ案じける。この人はあまり歌を深く案じて病(やまひ)になりて、一度(ひとたび)は死に外(はづ)れしたりき。父の禅門、「何事も身のある上のことにてこそあれ。かくしも病になるまでは、いかに案じ給ふぞ」と諫(いさ)められけれども用ゐず。つひに命もなくてやみにしは、その積りにやありけん。

寂蓮入道は、ことにことに、このことをいみじがりき。1)

翻刻

俊成女宮内卿両人哥ノヨミヤウノカハル事
今の御所には俊成卿女ときこゆる人宮内卿とこの
ふたりの女坊昔にもはちぬ上手ともなり哥の
よみやうこそことのほかにかはりて侍けれ人の
かたり侍しは俊成卿女ははれの哥よまんとてはまつ
ひころかけてもろもろの集ともをくりかへしよくよくみ
ておもふはかりみをはりぬれはみなとりおきて火
かすかにともし人とをくおとなくしてそあんせら
れける宮内卿ははしめよりをはりまて草子まき物/e53l
とりこみてきりとうたいに火ちかちかとともしつつ
かつかつかきつけかきつけよるもひるもおこたらすなむ案
しけるこの人はあまり哥をふかく案してや
まひになりてひとたひはしにはつれしたりきちち
の禅門なにことも身のあるうへのことにてこそあれ
かくしもやまひになるまてはいかに案し給そといさめ
られけれとももちゐすつゐに命もなくてやみにし
はそのつもりにやありけん寂蓮入道はことにことにこの
ことをいみしかりき/e54r
1)
底本、ここで改行され、次の標題に続くが、内容は第67話 具親歌を不入心事に続く。諸本は「いみじがりて・・・」と続くものが多い。
text/mumyosho/u_mumyosho066.txt · 最終更新: 2014/10/07 14:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa