Recent changes RSS feed

無名抄

第67話 具親歌を不入心事

校訂本文

具親歌を不入心事

1)兄人(せうと)の具親少将(兵衛佐)の哥に心を入れぬをぞ憎み侍りし。

「なにゆゑ身を立てたる人なれば、しかあるらん。宿直(とのゐ)所をまれまれ立ち入りて見れば、晴の御会などのある比も、『弓よ、引目2)よ』など取りこみて、細工、前に据ゑて、歌を大事とも思はぬ」。

口惜しき事にぞ言ひ侍りし。

翻刻

具親哥ヲ不入心事/e54r
せうとの具親少将(兵衛佐)の哥に心をいれぬをそにくみ
侍しなにゆへみをたてたる人なれはしかあるらんとのゐ
所をまれまれたち入てみれははれの御会なとのある比
もゆみよひきへよなととりこみてさいくまへにすゑて
哥を大事ともおもはぬくちをしき事にそいひ侍し/e54l
1)
底本、ここに標題があるが、第66話 俊成女宮内卿両人歌のよみやうのかはる事の続き。主語は寂蓮。
2)
底本「ひきへ」
text/mumyosho/u_mumyosho067.txt · 最終更新: 2014/10/07 17:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa